Ubuntu 12.04 LTS Precise Pangolinのインストールとインストール直後のシステム設定

Ubuntu 12.04 LTS Precise Pangolin 2012.4.26正式リリース

Ubuntu 12.04 LTS Precise Pangolin(プリサイス・パンゴリン: 精密なセンザンコウ)が、2012年4月26日に正式リリースされました。

Ubuntu 12.04 LTS 正式リリース

http://www.ubuntu.com/

Ubuntu 12.04 LTSは、Unityを採用した初めてのLTS(Long Term Support: 長期サポート版)で、このバージョンからサポート期間が、3年から5年に延長されます。

※ LTS - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/LTS

以下、Ubuntu 12.04 LTSのインストール方法と、Ubuntuをより快適に使うために、インストール直後に行うシステム設定、さらに、新機能をいくつか紹介します。

Ubuntu 12.04 LTSのディスクイメージをダウンロードしてライブCDを作成する

Ubuntu 12.04をインストールするには、まず、Download Ubuntuから、Ubuntu 12.04のディスクイメージ(約700MB)をダウンロードします。

Ubuntu 12.04 LTS ダウンロード

※ Download Ubuntu: http://www.ubuntu.com/download/ubuntu/download

次に、ダウンロードしたディスクイメージから、UbuntuであればBrasero, GnomeBakerなど、ISOイメージをCDに書き込むことができるアプリを使って、ライブCDを作成します。

WindowsでのライブCD作成方法は、以下のページに図入りで説明があるので、参考にしてください。

※ How to burn a CD on Windows: http://www.ubuntu.com/download/help/burn-a-cd-on-windows

Ubuntu 12.04 LTSをライブCDから起動して動作確認をする

ライブCDを作成したら、ハードディスクにインストールする前に、まずはCDからUbuntuを起動できるか確認してみましょう。

ライブCDの起動画面で、言語リストの一番下にある「日本語」を選んで、「Ubuntuを試す」ボタンで、Ubuntuが起動します。

あとは、Firefoxを起動してインターネットにつながるか、また、画面が正常に表示されるかなど、一通り動作ををチェックします。

Ubuntu 12.04 LTSをハードディスクにインストール

ライブCDでの動作確認が終わったら、左上のインストールアイコンをクリックして、Ubuntuのインストーラーを起動します。

Ubuntuのインストールは、最初にいくつかの簡単な質問に答えるだけで、30分程度で完了します。

Ubuntu 12.04 LTS インストールの準備

まず、インストールの準備として、ハードディスクの容量やインターネット接続の確認が行われます。

Ubuntu 12.04 LTS インストールの種類

次は、インストールの種類です。すでにインストールされているOSとデュアルブートにするか、クリーンインストールかを選びます。

Ubuntu 12.04 LTS インストールの確認

選択したインストールの種類にしたがって、インストール先のパーティションの確認画面が表示されます。

ここで、「インストール」ボタンをクリックすると、すぐにファイルのコピーが始まり、後戻りできなくなるので、十分に注意してください。

続いて、住んでいる場所とキーボードレイアウトが自動検出されるので、「続ける」ボタンをクリックします。

Ubuntu 12.04 LTS インストール ユーザー情報の入力

最後は、ユーザー情報の入力です。ユーザー名やログインパスワードを入力すれば、インストールの質問は終わりです。

あとは、スライドショーを見ながら、インストールが完了するのを待ちましょう。

Ubuntu 12.04 LTSにGoogle Chromeの正式版をインストール

Ubuntu 12.04のデフォルトブラウザは、Firefoxです。メインブラウザにGoogle Chromeを使いたい場合は、debパッケージから正式版をインストールしましょう。

※ Google Chrome ダウンロード http://www.google.co.jp/chrome/intl/ja/landing_ch.html

Google Chromeのダウンロードページから、debパッケージ「google-chrome-stable_current_i386.deb」をダウンロードしたら、右クリックしてメニューから「Ubuntuソフトウェアセンターで開く」を選びます。

Ubuntu 12.04 LTS Google Chrome インストール

Ubuntuソフトウェアセンターが起動するので、「インストール」ボタンをクリックして、Google Chromeをインストールします。

Ubuntu 12.04 LTS 日本語追加パッケージをインストール

Ubuntu 11.10では、インストール直後に、漢字が中国語書体になるという問題がありましたが、Ubuntu 12.04では、問題なく日本語がきれいに表示されます。さすがLTSですね。

「Ubuntu Desktop 日本語 Remix CD」からではなく、オリジナル判のCDからUbuntuをインストールした場合は、Japanese Teamによる日本語追加パッケージをインストールして完全な日本語サポート環境を整えましょう。

Ubuntuの端末から、以下のコマンドを実行して、「ubuntu-defaults-ja」パッケージをインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

※Ubuntuの日本語環境: http://www.ubuntulinux.jp/japanese

Ubuntu 12.04 LTS ダウンロードサーバーの最適化でアプリのインストールを高速化する

パッケージを提供するサーバーを最適化すると、Ubuntuアプリのインストールを高速化できます。

Unityランチャーから「Ubuntuソフトウェアセンター」を開いて、「編集」メニューから「ソフトウェアソース」を選びます。

「ダウンロード元」リストは、デフォルトで「日本のサーバ」になっていますが、これを「その他」に変更します。

Ubuntu 12.04 LTS インストール サーバーの最適化

「最適なサーバーを探す」ボタンをクリックすると、テストが開始され、自動的にダウンロード元のサーバーが、最適なサーバーに設定されます。

「サーバーの選択」ボタンで、サーバーを選んだら、端末から「$ sudo apt-get update」コマンドを実行して、パッケージリストを更新しておきましょう。

Ubuntu 12.04 LTS Synapticパッケージマネージャで目的のアプリをすばやくインストール

Ubuntuアプリのインストールの基本は、Ubuntuソフトウェアセンターからですが、アプリのインストール中に、どうも少しひっかかるような感じがあり、インストールが遅くなることがあります。

より、すばやくインストールするには、「Synapticパッケージマネージャ」を使いましょう。

Synapticパッケージマネージャは、ソフトウェアセンターから「synaptic」で検索すれば、インストールできます。

Synapticパッケージマネージャ PPAや目的のアプリをすばやくインストール

Ubuntu 12.04 LTS 動画 音楽 DVDを再生できるようにする

Ubuntuインストール直後の状態では、著作権制限等の関係で、wmv,mp4などの動画ファイルやDVD、mp3などの音楽ファイル、また、動画サイトのFlashビデオを再生することはできません(YouTubeでHTML5動画は視聴可)。

これらのメディアを再生できるようにするには、「ubuntu restricted extras」というパッケージをインストールします。

Ubuntu 12.04 LTS インストール 動画 音楽 DVDの再生

Ubuntuソフトウェアセンター、またはSynapticパッケージマネージャから、「ubuntu restricted extras」で検索してインストールすれば、動画や音楽を再生するために必要なコーデックがインストールされ、再生できるようになります。

Ubuntu 12.04 LTS 市販のDVDを再生できるようにする

ubuntu restricted extrasのインストールで再生できるようになるのは、著作権制限のない自作DVDなどだけです。

市販のDVDを再生するためには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh

これで「libdvdcss2」というパッケージがインストールされ、市販のDVDでも再生できるようになります。

Ubuntu 12.04 LTS ファイルの種類ごとにデフォルトのアプリケーションを変更する

特定のファイルの種類を、新しくインストールしたアプリケーションで開くように変更するには、Nautilusファイルマネージャから、そのファイルを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選びます。

Ubuntu 12.04 LTS デフォルトのアプリケーションを変更

「開き方」タブから、新しいアプリケーションを選んで、「デフォルトに設定する」ボタンをクリックすれば、以後そのファイルをダブルクリックしたときに、設定したアプリで開くようになります。

Ubuntu 12.04 LTS グローバルメニューを無効にする

【注意】この方法でグローバルメニューを無効にすると、Ubuntu 12.04の新機能HUD(Head Up Display: ALTキータップで、アプリケーションのメニューを検索して実行する機能)が動作しなくなります。

Ubuntu 12.04からは、グローバルメニュー(上部パネルに表示されるメニューのこと)を無効にできるオプションが実装される、という話もあったのですが、HUDを実装したためか、なくなってしまったようです。

Ubuntu 12.04 LTS グローバルメニューの無効化

グローバルメニューを無効にする方法は、Ubuntu 11.10と同じで、Synapticから「appmenu」で検索して、グローバルメニュー関連のパッケージをすべて削除します。

Ubuntu 11.10 Unityのグローバルメニューを無効にしてアプリケーションのウィンドウに戻す方法

Ubuntu 12.04 LTS Gnome Tweak Toolをインストールしてテーマやアイコンを変更する

Ubuntu 12.04になっても、デフォルトでは、新しくインストールしたテーマやアイコンを適用する機能はありません。

テーマやアイコンを変更するには、Ubuntu 11.10と同様、Advanced Settings (gnome-tweak-tool)を使います。

Advanced Settings (gnome-tweak-tool)は、ソフトウェアセンターかSynapticから「gnome-tweak-tool」で検索して、インストールできます。

Ubuntu 12-04 LTS テーマやアイコンの変更

ここでは、デスクトップテーマをMediterraneanNightに、また、アイコンテーマをSimple Icon Themeに変更してみました。

Advanced Settings (gnome-tweak-tool) Ubuntu 11.10でデスクトップテーマやアイコンテーマを変更する

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 プライバシーで最近使ったファイルの履歴を削除する

Ubuntu 12.04には、「プライバシー」という、ファイルの使用履歴を削除する機能が追加されました。

「プライバシー」を開くには、Unityパネルの電源アイコンをクリック、メニューから「システム設定」を選び、「プライバシー」アイコンをクリックします。

Ubuntu 12.04 LTS プライバシー 最近使ったファイルの削除

「最近のアイテム」タブでは、Unity Dashに表示される「最近使ったファイル」の履歴を、期間を指定して削除することができます。

また、右下にあるトグルボタン「アクティビティの記録」をオフにすれば、すべてのロギングを停止することもできます。

他にも、「ファイル」タブで、画像、オーディオ、ビデオなど、ファイルの種類ごとにロギングを停止したり、「アプリケーション」タブで、特定のアプリケーションのロギングを停止することもできます。

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 外観からUnity Launcherのアイコンサイズを変更する

いままでなかったのが不思議なくらいですが、Ubuntu 12.04からはシステム設定の「外観」から、Unity Launcherのアイコンサイズを変更できるようになりました。

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 Unity Launcher アイコンのサイズ変更

「外観」タブの下にある、「Launcherアイコンのサイズ」のスライダーを動かすだけで、簡単にLauncherアイコンのサイズを変更できます。

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 Launcherの挙動

また、「挙動」タブでは、Launcherを自動的に隠す設定もできるのですが、「表示感度」をあげても、いまいちレスポンスが悪いようです。

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 デスクトップの壁紙がログイン画面の背景にも適用される

システム設定の「外観」でデスクトップの壁紙を変更すると、そのままログイン画面にも適用されるようになりました。

Ubuntu 12-04 LTS ログイン画面の背景を変更

ログイン画面の背景に適用されるのは、ホームフォルダ内の「ピクチャ」フォルダの直下にある壁紙だけです。

他の場所にある壁紙を指定した場合は、ログイン画面はデフォルトの背景のままになります。

Ubuntu 12.04 LTS 新機能 いつでもキーボードショートカットを表示できる

最後に、これは便利!!という新機能を紹介します。

Ubuntu 12.04 LTS ショートカットキーの表示

Ubuntu 12.04 LTSでは、Superキー(Windowsキーのこと)長押しで、いつでもショートカットキーを表示できるようになりました。

ここに表示されているショートカットキーを使いこなせば、Ubuntuでの作業が格段に速くなりますよ。

Ubuntuのインストールの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/tb.php/384-15ac424f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2014 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ 新着エントリー

このブログについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

管理者プロフィール

UbuntuとChromeが大好きです。2008年に「Webアプリのいいところ」、2009年に「Ubuntuアプリのいいところ」を始めて、現在2つのブログを運営しています。
見に来ていただいた方には、本当に感謝、感謝です。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

フィードメーター - Ubuntuアプリのいいところ

RSS Feed