Ubuntu 11.04 のインストールとインストール後のシステム設定でUnityの基本的な使い方をマスターする

Ubuntu 11.04 Natty Narwhal 2011.4.28 リリース

Ubuntu 11.04 Natty Narwhalが、2011.4.28にリリースされました。

Ubuntu 11.04 インストール

http://www.ubuntu.com/download/ubuntu/download

Ubuntu 11.04では、新しいデスクトップ環境Unityが採用されました。

Unityのユーザーインターフェースは、UnityランチャーUnityダッシュ、そしてUnityパネルから構成されています。

Unityランチャーは、アプリケーションの起動や切り替えのためのランチャーで、Unityでの操作のメインとなるUIです。

Unityダッシュとは、アプリケーションやよく使うファイルに、すばやくアクセスするためのインターフェースのことで、Zeitgeist(ツァイトガイスト)という、ユーザーの活動記録をデータベース化して検索するためのテクノロジーを利用しています。

Ubuntu 10.10までのアプリケーションメニュー、システムメニューは、Unityにはありません。その代わりUnityパネルには、グローバルメニューとして、起動しているアプリケーションのメニューが表示されるようになりました。

ここでは、まず、Ubuntu 11.04のライブCDの作成とインストール手順を紹介します。

さらに、インストール直後にやっておきたいシステム設定をしながら、Unityの基本操作をマスターしていきましょう。

Ubuntu 11.04のISOイメージをダウンロードしてライブCDを作成

Ubuntu 11.04のダウンロードページから、ISOイメージ「ubuntu-11.04-desktop-i386.iso」をダウンロードします。

Ubuntu 11.04 ダウンロード ISOイメージ

ダウンロードが正常に行われたかどうかを、HashTab NautilusスクリプトGtkHashを使って、MD5ハッシュ値を確認します。

「ubuntu-11.04-desktop-i386.iso」のハッシュ値は、こちらから参照できます。

http://releases.ubuntu.com/natty/MD5SUMS

ハッシュ値を確認したら、GnomeBakerなどの、ISOイメージを書き込めるライティングソフトでライブCDを作成します。

※ Windows環境下でのライブCD作成方法は、Ubuntu 11.04 ダウンロードページの「2.Burn your CD or create a USB drive」にある「Show me how」ボタンをクリックすると表示されます(英語)。

Ubuntu 11.04をライブCDから起動して動作確認する

まずは、Ubuntu 11.04をライブCDから起動してみましょう。

Ubuntu 11.04 ライブCDから起動

左のリストから「日本語」を選んで、「Ubuntuを試す」ボタンをクリックします。

Unityの動作には、3Dグラフィック対応のビデオコントローラが必要になります。

ライブCDから起動したときに、Unityが正常に動作しているか、またネットワークにつながるかなど、基本的な動作を確認しておきましょう。

Ubuntu 11.04をハードディスクにインストールする

Ubuntu 11.04のインストールは、とてもシンプルです。インストールに必要な情報は自動検出されるので、画面表示にしたがって「進む」ボタンをクリックしていくだけで、約40分でインストールが完了します。

Ubuntu 11.04 インストール 開始

Unityランチャーの一番上、または、デスクトップにあるインストールアイコンをクリックします。

Ubuntu 11.04 インストールの準備

ハードディスクの容量やインターネット接続がチェックされていることを確認します。

「インストール中にアップデートをダウンロードする」と「サードパーティー・ソフトウェアをインストールする」オプションは、オフのままにして、「進む」ボタンをクリックします。

Ubuntu 11.04 インストール ディスク領域の割り当て

既にインストールされているOSが自動的に検出されます。

他のOSとデュアルブートにしたいときは、一番上のオプションを、ハードディスク全体を削除してクリーンインストールしたいときは、2番目のオプションを選びます。

Ubuntu 11.04 インストール ディスク領域の確認

インストール先の確認画面が表示されるので、問題なければ「インストール」ボタンをクリックします。

Ubuntu 11.04 インストール タイムゾーンの設定

タイムゾーンの設定では、自動的に日本のタイムゾーンが選択されるので、そのまま「進む」をクリックします。

Ubuntu 11.04 インストール キーボードレイアウト

キーボードレイアウトも自動検出されるので、「進む」をクリックします。

Ubuntu 11.04 インストール ログインIDとパスワード

ログインするユーザー名とパスワードを設定します。

「コンピューターの名前」の末尾には、PCの機種名が自動的に認識されて追加入力されます。

Ubuntu 11.04 インストール スライドショー

これで、インストールの設定はすべて終わりました。「進む」をクリックするとスライドショーが開始されるので、インストールが完了するまで、楽しみに待ちましょう。

Ubuntu 11.04 インストールの完了

このメッセージが表示されたら、インストールは完了です。「今すぐ再起動する」ボタンをクリックすると、自動的にライブCDが取り出され、Ubuntu 11.04がハードディスクから起動します。

Ubuntu 11.04 Nautilusのアイコン表示をコンパクトにする

Nautilusファイルブラウザのデフォルトのアイコン表示は、アイコンが大きく、また、アイコンとアイコンの間隔が開きすぎています。

アイコンをよりコンパクトに表示するには、デスクトップ左側のUnityランチャーの一番上にある「ホームフォルダ」をクリックしてNautilusを起動します。

Ubutnu 11.04 Unity ランチャーの使い方

Unityランチャーでは、起動しているアプリケーションアイコンの左側に、小さな矢印が表示されます。

さらに、現在アクティブになっているアプリケーションのアイコンには、左右に矢印が表示され、区別できるようになっています。

起動しているアプリケーションの切り替えは、Unityランチャーのアイコンをクリックするだけです。

また、Nautilsのウィンドウをもう一つ開きたいときは、アイコンをマウスのホイールボタンでクリックします。アイコン左の矢印が一つ増えているのがわかりますね。

Nautilusをアクティブにして、上部のUnityパネルにマウスカーソルを合わせると、Nautilusのメニューが表示されます。

これが、Unityで採用されたグローバルメニューです。メニューバーがアプリケーションウィンドウの上部ではなく、Unityパネルと一体化しているので、最初はとまどうかもしれませんね。

「編集」メニューから「設定」を選びます。

Ubuntu 11.04 Nautilus アイコン表示の設定

「アイコン表示の既定値」にある「デフォルトのズームレベル」を「66%」にして、「コンパクトな配置にする」オプションをチェックします。

さらに、Nautilusの右ペインを右クリックして、メニューから「アイテムの並び替え」-「小さいレイアウト」を選ぶと、アイコンとアイコンの間隔がより狭くなります。

Ubuntu 11.04 画面をスリープさせない スクリーンセーバーをオフにする

デスクトップ右上にある電源ボタンをクリックして、メニューから「システムの設定」を選ぶと、コントロールセンターが開きます。

Ubuntu 11.04 コントロールセンター システム設定

Unityでは、このコントロールセンターから、各種システム設定にアクセスできます。

「ハードウェア」セクションにある「電源管理」をクリックして起動します。

Ubuntu 11.04 電源管理

「ディスプレイ」の「次の時間、アイドル状態が続いたら画面をスリープする」を「しない」に変更します。

また、「アイドル状態になったら画面を暗くする」オプションをオフにしておきます。

次に、コントロールセンターから「GNOMEスクリーンセーバー」を起動します。

Ubuntu 11.04 スクリーンセーバー

「アイドル状態になったらスクリーンセーバーを起動する」オプションと、「スクリーンセーバーを起動したら画面をロックする」オプションをオフにします。

Ubuntu 11.04 IPv6を無効にしてネットワークを高速化

FirefoxでWebページの表示が遅い、Ubuntuソフトウェアセンターからのインストールが遅いと感じたら、IPv6の無効化を試してみましょう。

Firefoxのアドレスバーに「about:config」と入力して、「Enter」キーを押します。

フィルタに「ipv6」と入力して、「network.dns.disableIPv6」を検索します。値をダブルクリックして「true」に変更すれば、FirefoxのIPv6が無効化されます。

次に、UbuntuシステムのIPv6を無効化します。

Unity ランチャーの上にあるUbuntuのロゴが、Unityで新しく導入されたUbuntuボタンです。

Ubuntuボタンをクリックすると、アプリケーションやファイルを検索するためのインターフェースが開きます。これがUnityダッシュです。

Ubuntu 11.04 Unityダッシュ

Unityダッシュの上部検索ボックスに「terminal」(一部でも可)と入力すると、検索結果に「端末」が表示されるので、クリックして起動します。

せっかく端末を起動したので、Unityランチャーに登録してみましょう。

Ubuntu 11.04 Unityランチャー アイコン登録

Unityでは、起動したアプリケーションのアイコンが、ランチャーに表示されます。

ランチャーのアイコンを右クリックして、メニューから「ランチャーに常に表示」を選べば、そのアプリケーションが登録されます。

アイコンの並び替えは、一旦アイコンを右側にドラッグして、挿入位置にドロップします。削除したいときは、右クリックして「ランチャーに常に表示」のチェックをはずします。

端末から以下のコマンドを実行して、「sysctl.conf」ファイルを開きます。

$ sudo gedit /etc/sysctl.conf

sysctl.confファイルの一番下の行に、「net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1」と入力して保存します。Ubuntuを再起動すれば設定完了です。

システムのIPv6が無効になっているかは、端末から「ifconfig」コマンドで確認できます。

Ubuntu 11.04 ソフトウェアソースでダウンロードサーバーを最適化

Ubuntuソフトウェアセンターからのインストールをより高速化するために、ダウンロードサーバーを最適化します。

Unityランチャーから、Ubuntuソフトウェアセンターを起動します。

グローバルメニューから、「編集」-「ソフトウェアソース」を選びます。

「ダウンロード元」リストは、デフォルトで「日本のサーバ」になっていますが、リストから「その他」を選びます。

「最適なサーバを探す」ボタンをクリックすると、ダウンロードサーバのテストが開始されます。

Ubuntu 11.04 ソフトウェアソース ダウンロードサーバーの最適化

テストが完了すると、自動的に最適なサーバがハイライトされるので、「サーバの選択」ボタンをクリックします。

Ubuntu 11.04 YouTube, DVD, 動画や音楽ファイルを再生できるようにする

Ubuntu 11.04では、初期状態でYouTube動画やDVD、また、mp4, flv, avi, mp3などの動画・音楽ファイルを再生できません。

動画や音楽を再生するには、それに対応したコーデックをインストールする必要があります。

UnityランチャーからUbuntuソフトウェアセンターを起動、「ubuntu restricted extras」を検索してインストールします。

Ubuntu 11.04 YouTube DVD 動画再生

インストールが完了すると、動画プレイヤーで動画ファイルやDVDが再生できるようになります。

また、Firefoxを起動して、YouTube動画の再生と、Webページ上のFlashが再生できるかも確認してみましょう。

Ubuntu 11.04 市販のDVDを再生できるようにする

「Ubuntu restricted extras」をインストールすれば、自作のDVDなど制限のないものは動画プレイヤーで再生できるようになります。

市販のDVDのように制限付きのDVDを再生するには、端末から以下のコマンドを実行します。

$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh

市販のDVD再生に必要な「libdvdcss2」などのパッケージがインストールされ、動画プレイヤーで市販のDVDも再生できるようになります。

Ubuntu 11.04 言語サポートでKDEアプリを日本語化

KSnapshotなどの、KDEアプリをインストールすると、メニューなどが英語のままになっています。

KDEアプリを日本語化するには、Unityダッシュで「language」と検索、「言語サポート」を起動します。

Ubuntu 11.04 KDEアプリ 日本語化

事前にKDEアプリがインストールされていれば、日本語化のためのパッケージが自動的に検出されるので、インストールします。

Ubuntu 11.04 Ubuntu Japanese Teamの日本語追加パッケージをPPAからインストール

一部のアプリケーションやWebページで、フォントがきたなくなるようであれば、Ubuntu Japanese Teamの日本語追加パッケージをインストールします。

https://launchpad.net/~japaneseteam/+archive/ppa

端末を起動して、以下のコマンドを実行、Japanese TeamのPPAリポジトリを追加します。

$ sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam/ppa
$ sudo apt-get update

Ubuntuソフトウェアセンターを起動して、「ubuntu-desktop-ja」と「language-selector-common」をインストールします。

Ubuntu 11.04 日本語追加パッケージ PPA インストール

Ubuntuダッシュを表示して、「language」で検索、「言語サポート」を起動します。

Ubuntu 11.04 言語サポート 日本語

「メニューとウィンドウの言語」で、日本語が最上位にきていることを確認したら、Ubuntuを再起動してください。フォントが綺麗に表示されます。

Ubuntuのインストールの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/tb.php/256-2f4de884

0件のトラックバック

1件のコメント

[C27] 無事インストできました!

わかりやすい説明と細かな操作方法案内でとても感謝しています。眠っていたネットブックがUbuntu で再生できました!ありがと~!
  • 2011-12-17
  • ぬこたん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2014 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ 新着エントリー

Webアプリ 新着エントリー

このブログについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

管理者プロフィール

UbuntuとChromeが大好きです。2008年に「Webアプリのいいところ」、2009年に「Ubuntuアプリのいいところ」を始めて、現在2つのブログを運営しています。
見に来ていただいた方には、本当に感謝、感謝です。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

フィードメーター - Ubuntuアプリのいいところ

RSS Feed